スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
-------- -- --:-- ∧top | under∨

【2月18日QMAオンオフ用前準備】(時刻合わせのための「予習回数」「予習○周」「予習保証回数」がわからない人へ

時報に参加する前に、
その店のQMAの予習が何回保証(何周設定)かを確認します。
この意味がわからない人だけ下を読んでくださいい。

「予習回数」「予習○周」「予習保証回数」ってのは
要するに「確実に何回予習ができるか」っていうことですね。
なんでこんなの調べるかというと、
AnAnでいう時報マッチの「03分に全国対戦の【決定】を押して……」ってとこが、
QMAだと「保証されている最後の予習の、その最後の問題の、【回答入力決定ボタンを】押して……」って
ところになるからです。
AnAnだとマッチが4人あって、同じような成績なら3問しか解いてなくても
速攻で召集されますが、QMAは違う、
予習は1回は必ず最後までやってもらう、
予習は内部的に定められた数は必ずやってもらう、ってことです。

これはゲーセンごとの内部設定なので、
予習保証回数の数字はお店に書いてないことも多いです。
店員に聞くのもいいけど、
わかんない店員さんもいるかもしれないので判別方法を。

≪判別方法 1クレと約20分必要≫

はじめての予習が終わった。次の予習をしてる間にトナメに突入したんだぜ。
⇒予習保証回数は『1』

予習が終了して次の予習をやってるんだけど
なんかぜんぜんトナメ召集されないんだけど。
あ、結局2回目の予習もできちゃった
⇒予習保証回数は『2以上』

2以上について2なのか3なのかは各自で判別よろです。
コレの判別をやってるときは、当然たらったら予習を進めないと判別にならないです。
2回目の予習を、ひたすらタイムアップギリギリで回答入力して
それでもぜーんぜんトナメ召集されないや、ってときに
「あー、なるほどこの予習は今保証されてるんだな」と気がつくわけですな。

【QMA時刻合わせのやりかた】

指定時間開始3分前くらいにカードを挿入して全国選んで適当に予習をこなす。
保証されている予習の最後の回において
(予習保証回数『1』だったら最初の予習で、予習保証回数『2』だったら2回目の予習で)
最後の問題の回答を、指定時刻ぴったりに入力完了させる。

別窓 | QMA 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0
2011-02-02 Wed 19:58 ∧top | under∨
<<やってみた | AnAnとQMA | 語文タワー 2・3日目>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| AnAnとQMA |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。