スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
-------- -- --:-- ∧top | under∨

書くことがないわけじゃない

ツイッターで完結してしまうのはよくない癖というか。

140字内でまとめることは得意っちゃ得意なので、
どうしてもそちらに逃げてしまうんですよね。楽だし。

ただ、やっぱブログをしっかりやらんと、という。
自分の原点だしね。

じゃあ何書こうかなあ・・・。

スロットの話だとみなさんあんま面白くないですよね。

AnAnもおもしろくないかなw

QMAはオカルト検定やってましたね。

面白いっていうか、やっぱ、
答えになる単語が外国語が多いのでするする頭に入るというか。
もっと簡単に言うと


厨二ワード満載


なわけですw
なんだろう。ほんと趣味ですねw
いやーもうガンガン頭に入って来るからビビるビビる。
うはうはでございました。

解らない問題を調べて思ったことは、
オカルトにかかわる人みんな真剣だということですね。
当たり前ですけど。

今度(来年)映画で『レッド・ライト』ってのをやるんですけどね、
http://2012.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=71(リンク先:東京国際映画祭)
これ絶対観にいきたいなあって思ってるんですが、ストーリーを簡単に言うとこれ
インチキ超能力者とそれを暴く科学者チームの攻防をテーマにした映画なんです。
(結末を知らないので実は超能力者が本物でした、とかいう結末だったら知らんw)

TVタックルの年末特番『超常現象スペシャル』がどんだけ面白いかってのは
観たことある人ならわかると思うんですが、オカルト界隈ってのは
プロレスみたいなもんだと思うんです。
セメント・・・なのかな。うーん・・だと思うよw

とにもかくにも周りが「あほくせー^^」って観てるにも関わらず
当の本人たちはマジもマジ、おおマジだというね。
オカルト研究するほうも、それを似非だと暴くほうも。
オカルト検定で実際に出題された
ジェームズ・ランディ
「100万ドル超能力チャレンジ」($1million Paranormal Challenge) とか
暇な人はググってみてくださいな。

・・でもね

実際、「あほくせー^^」って思っていながらも
心のどこかで「な・・なんかすげえんじゃね、実は・・?」って
思ってしまうのも人間だと思うのですよ。
まあそういう気持ちが宗教とか生んで、
その宗教の違いで殺し合いやったりするんで、
あぶないっちゃあぶないんですが。

とにかくですね、あほくさいことを
泥まみれになりながらやってる人を見てですね、
「ほんとにバカだな」と心から思える人は学が足りないです。
もともとあほくさいことの探究から、これまでみつからなかったものが
見えてくることだってあるわけだから。
それはオカルトだって科学だって、実は同じでしょう。
ふたつは証明されているか、いないかの差はあるものの、
その思考実験たるや、紙一重なんではないかと思うのです。
だからこそお互いに無視しておけばいいものの、
「お前はわかってない」「このペテン師野郎」だのなんだのいいながら
結局お互いに引き寄せられてしまうんではないかと。

そんなわけでですね

アホくさいことを泥まみれになりながらやる。
一見無駄に見えるようなことを真剣にやる。

そういうことをしっかり好きになれる人間になりたいと思うのですよ。
まあ、ある程度、もうなってますけど。
ちょっと真剣さが足りないかもしれません。
よって、私はもっと真剣になりたいです。

だから、オカルトは好きなんです。

信じてないけどね。

・・・でも、信じてるの。
スポンサーサイト
別窓 | An×An Live! | コメント:4 | トラックバック:0
2012-11-21 Wed 03:56 ∧top | under∨
| AnAnとQMA |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。